自分で行う災害対策 | 復旧工事から学ぶ災害に強い建築物の特徴

災害に強い持ち家の種類と自分でできる災害対策について

建物の耐性を高めるのも大事だが自分なりの災害対策も必要

家財や家具の補強

地震や台風をはじめ災害が起きた場合に備えた建物施工は大事です。そのうえで、家財や家具の補強をすれば、よりダメージが軽減できるうえ人的被害も抑えられるのが期待できます。

避難するための動線確保や、避難の妨げになり得る場所へは家財や家具を置くのを控えてください。家具の上にガラスのような危険物を置かないようにするのも、災害対策で高い効果を発揮するはず。

家財や家具の転倒を防ぐ目的で固定器具の設置をするのも大事。L字金具で固定する場合は、長めのねじを使い、電動ドライバーなどの工具を用いて固くねじ込みをしましょう。つっぱり棒のようなポール式の器具は、壁側奥に設置すると良いでしょう。他には、天井との間隔がズレていないものを選ぶ作業も欠かせません。

公助や建物補強などで災害対策をするのは大事ですが、自分の身は自分で守らなければなりません。できる所から自助による災害対策を行いましょう。

停電が起きた時に備えて

災害が起きた時に懸念される問題の1つが停電。電気の使用ができないと、生活以外に避難を必要とする際に支障が生じかねません。

建物購入や施工と一緒にソーラーパネルの設置を図るのもアリ。太陽光が一定量貯まっている状態であれば、停電が起きても電気の使用が可能。普段使いの観点でも、ソーラーパネルがあれば気候の調整が図れて、光熱費節約もできるでしょう。

近年ではオール電化住宅もあり、建物購入とセットでエコキュートのような電気給湯器を設置している所も。停電前に沸かしたお湯がタンク内に残っている時は、お湯の使用が可能で、入浴や調理をする際にも助けになるでしょう。

災害に強い建物づくりも大事ですが、災害対策ができる機材設置もオススメ。それにより、普段使いの観点でもきっとプラスとなります。


この記事をシェアする