地震に強い建物は? | 復旧工事から学ぶ災害に強い建築物の特徴

災害に強い持ち家の種類と自分でできる災害対策について

先ずは災害復旧工事について説明

地震に強い建物の種類

現在新たに新築を建設する際の大きなポイントは、中規模の地震でも概ね損傷なし、大規模地震でも倒壊や崩壊しない、の2つです。そのうえでいくつかの工法を説明するので、強みと弱みを確認して選ぶ際の参考にしましょう。

木造構造の軸組工法であれば木材で柱や梁を造るので、日本では馴染みが深い工法です。開口部が自由に開けられる分、リフォームがしやすいのがポイント。一方、湿気に弱い素材を使用していると、シロアリやカビ発生のリスクが増します。

鉄筋コンクリート構造であれば、不燃材料であるため火災によるダメージが強いです。また、デザイン性の高い施工がしやすい傾向。結露の発生がしやすいため、小まめな換気が欠かせません。また、丈夫な素材を使用していると建築費が嵩みます。

より詳しく耐震補強工事の説明

では既存の建物を再利用して耐震補強する目的で施工をする場合のポイントを押さえましょう。

例えば、基礎が十分でないと地震が発生した場合倒壊のリスクが増します。基礎補強工事を行い、建物強化に繋げます。壁や梁、柱などの接合部の固定が弱い場合も、耐震性能が下がる傾向。接合部の補強で、建物強度を高めるようにします。屋根も見逃せない箇所で、重量のあるものを使用すれば揺れが大きくなりかねません。近年ではガルバリウム鋼板をはじめ軽量化した屋根があり、張替えをすれば耐震性アップが期待できます。

耐震工事をする場合、耐震金具の設置や屋根の張替えだけであれば、100万円以内が相場。建物全体を施工する場合だと、200万円前後を見込んでおくと良いでしょう。一方、自治体の補助金制度や税額控除を活用すれば、お得な施工となるのではないでしょうか。


この記事をシェアする