復旧工事から学ぶ災害に強い建築物の特徴

災害に強い持ち家の種類と自分でできる災害対策について

先ずは災害復旧工事について説明

地震に強い建物の工法はさまざまです。新築の購入をする際に活かせるポイントを確認して、自分に合った施工をしてもらいましょう。既存の建物を地震からのダメージ軽減を図りたい人向けには、耐震補強工事もあります。特徴を把握して、より快適な住生活を送りましょう。

続きを読む

地震に強い建物とは?

日々の生活を送る中で、地震や台風といった災害が起こる場合があります。他には、梅雨時期の大雨や豪雨も該当。それに伴い、土砂崩れが起きたり建物がダメージを受け足りすれば、倒壊などのトラブルが生じかねません。各種破損を修復するのが、災害復旧工事です。

持ち家で復旧工事を必要とする際の凡その流れですが、工務店や建築会社の職人が現場の視察を行います。建物の被害状況を確認したうえで、リフォームやリノベーションといった施工プランを提供。症状が重度であれば建て替えを提案します。主な復旧工事は原型復旧となり、持ち家を元の状態に回復します。なお、必要以上の広さや間取りの拡大や新たなリノベーションの取り付けはできません。

災害復旧工事を必要とする場合、火災保険や地震保険の加入者であれば、保険適応が受けられる可能性も。未加入者であれば、自治体によっては工事費の補助申請をすれば費用負担の割引が可能。確定申告をする際、住宅または家財の損失額が2分の1以上などの条件が満たせば、税金の控除が受けられるかもしれません。気になる人は、依頼した工務店などの職人や税に詳しい専門家に相談すると良いでしょう。

災害復旧工事での経験を踏まえて、地震や台風のような災害に強い建物や施工メニューが増えています。新築購入以外にリフォームや補強工事の用途で依頼をすれば、長期間大きなダメージを受けることなく住生活を送れるのではないでしょうか。より施工の効果を高めるには自分で災害対策をするのはオススメで、生活の知恵として活かせます。

台風に強い建物の特徴

台風の被害を受けると風だけでなく豪雨によるダメージを受けてしまう場合もあります。耐性補強する工事以外に豪雨に強い建物にするのも必要かもしれません。各種どのような特徴があるのか確認しましょう。また、湿気やカビ対策になれば、衛生面でもきっとプラスの効果を得られます。

続きを読む

建物の耐性を高めるのも大事だが自分なりの災害対策も必要

災害に強くする目的で耐震補強工事などの施工や、目的に合う住居の購入は大事です。そのうえで自分に合った災害対策を行うのも、いざという時の時の助けになるはず。生活の知恵にもなるので、日々の生活を送るうえで活かせる部分が増します。いくつか紹介するので、参考にするのはいかがでしょうか。

続きを読む